GP Academy若年歯科医師向け実習教育講座

GP アカデミー 開講の経緯。

今まで臨床研修医制度を修了し、歯科医療機関に就業した若年歯科医師の技術スキル不足を補う体系的な教育方法や、評価方法がなく技術スキルが一定水準に到達しないまま、臨床に携わる事がありました。このような状況下で、歯科医院経営者の方から若年勤務医への技術教育の重要性が高まってきています。そこで、実習教材を開発し、若年勤務医を対象とした臨床に欠かせない、基礎技術の習得と評価が行える歯科実習教育講座を開催いたします。

技術スキルを確認し、歯科医師として生涯の礎となる基礎知識が学べます。

このような方におすすめします。

初めて臨床に出たとき、歯科医師は皆、大きな不安がありました。
同じように、初めて勤務医に仕事を任せる院長にも大きな不安があります。それを少しでも解決するためには、多くの練習を反復し、その成果を院長が事前にチェックしておくことです。卒直後の歯科医師に大事なことは、「基礎知識と手順」の徹底です。今回のマネキン実習用模型は、解剖学的に完璧な模型ではありません。ですがその分、何度も同じ内容を反復練習できる事を重視しています。素振りができたらホームランを打てるようになるわけではありませんが、素振りがないとホームランも生まれません。「基礎知識と手順」の確認のツールとして使用していただけたら、こんなに有効なことはないでしょう。

荒井昌海

MID-G 理事長

荒井 昌海

講座で学ぶこと

基礎知識と臨床手順を繰り返し徹底的に学ぶ

3つのコースで、臨床に欠かせない基礎実習を繰り返し徹底的に学びます。
教材に付属の評価ポイントをチェックすることで、自身のスキルレベルを確認できます。

講座のポイント

Point1

自分でコースを選ぶので、
スケジューリングが容易

カリキュラムは3コースあり、それぞれ総合診療医としての基礎的な技術を学習します。 ご自身のスケジュールに合わせてご選択いただけます。

Point2

定期的に毎月教材が
手元に届く

カリキュラムに基づきテキストや顎模型などの教材を毎月定期的に11ヶ月間お届けします。

Point3

チェックシートで要点を
徹底的に学ぶ

学習方法は毎月の課題を繰り返し実習チェックシートで要点を確認して学ぶスタイルです。また学習場所は、お勤め先の歯科医院にて行います。

※テキストは毎月お届けいたします。お勤めの歯科医院のマニュアルや歯科大学在校時の実習帳・教科書などがある時は、そちらもご使用ください。

講座の流れ

院長先生・諸先輩方の先生へ

本講座は受講されている先生お一人でスキルアップを目指すものではございません。 セルフチェックを行う際、院長先生や諸先輩方の先生がご評価やご指導をしていただくことで、よりスキルアップの効果が上がるものと考えています。受講される先生へ熱意あるご指導とお褒めの言葉をかけていただければ幸いです。

User's Voice

選べる3つのコース